暮らしのモンタージュ|Living Montage

はじめに

「知の余白」と「感性のモンタージュ」

 このプロジェクトでは、さまざまな問題を抱える人間社会を背景に、地域と研究者との間にアーティストを介在させて、人と自然の関係のあり方を探求する研究者の活動現場を映像で記録しています。
 フィールドワークの現場では、多様な暮らしの中に多くの「未来社会の形成に向けた潜在性」を発見することができます。重要なのは、研究成果の「余白」として周縁に位置づけられてきたそういった「潜在性」を、生きた資源や発見として捉え直し、その価値を見出そうとしている点だと考えています。
 そして、「知の余白」に着目した領域横断的な「感性のモンタージュ」によって、専門領域を超えた学術研究と社会実装の両方を視野範囲に含んだ新たな表現形として、芸術・文化への織り込みのありかたを探っていきます。
 そのために、プロジェクトの活動を通じて、研究者とアーティストの異なる文化・専門性の相互触媒的な再編を誘いながら、暮らしの中で見出すことのできる「知の余白」を共有する「場」を作り出すための手法を創出したい。
 これまでのところ、総合地球環境学研究所(以下、地球研)に所属する研究者のフィールドを中心に、ケニア、ブルキナファソ、タンザニア、ベトナム、インドネシア、東ティモール、日本各地などで撮影を行ってきました。このプロジェクトでは、世界各国で撮影している映像を活かし、今のところ、大きく4つの枠組みで活動を行っていく予定です。
 
 1.映像メディアと鑑賞体験の新たなモデル
 2.自由に活用できる「道具箱」としての教材
 3.ネット上のプラットフォーム
 4.支援活動
 
1.映像メディアと鑑賞体験の新たなモデル
 フィールド調査を記録した映像を活用し、文化の記録と芸術的表現の両立を探りながら、研究者や対象地の人びとの感性や想いを、多様な暮らしのあり方や風土と共に表現していきます。成果物は、ギャラリー、映画館、美術館などで広く公開していきます。
  さらに、既存の形式のみでまとめるのではなく、「知の余白」を生きたものにするための「ドキュメンテーション(記録行為)」に着目した、映像メディアと鑑賞体験の新たなモデルとしても提示していきたいと考えています。
 
2.自由に活用できる「道具箱」としての教材
 専門領域の知を多感覚的に伝える「映像を活かした装置」として研究成果をまとめ、教育の現場において人々が自由に活用できる「道具箱」として、アーティストと研究者が共同で教材を開発します。これにより、人と自然の関わりを共に学ぶための教育活動に関する、専門分野を乗り越えた、市民科学(Citizen Science)に繋がる新たな研究構築を目指します。
  また、研究過程を共有できるという映像メディアの特性を活かし、関係者間での映像によるフィードバックを随時行っていきます。
 
3.ネット上のプラットフォーム
 プロジェクトの成果を広く共有するために、フィールド調査にまつわる記事の掲載や支援活動に関わる物品販売、また関係するアーティストによるウェブ上の作品などを掲載していきます。さらに、ネット上の「場」を介して人々が間接的に出会い、さまざまなアイデアを実現するためのプラットフォームとして活用していきます。
 
4.支援活動
 このプロジェクトでは、映像で記録していく個々の現場における諸課題の一助となるような活動も行っていきます。貧困などの問題を抱えるアジア・アフリカ各地の人々と関係を築くなかで重要な事項として、彼らの生業への支援活動があります。例えば、タンザニア山間地脆弱環境での香辛料作物ベースの生業の創成を支援するための映像素材を活かした販路形成やブランド形成などがあります。

風人土学舎
 研究者による研究者のための一般社団法人「風人土学舎」と「暮らしのモンタージュ」は、相互に連携して活動を行っていきます。「風人土学舎」については、後日詳細が公開される予定です。


プロジェクト「暮らしのモンタージュ」の全体図


きっかけ

 このプロジェクトが始まるそもそものきっかけは、フランスの庭師ジル・クレマンさんの活動を記録した映画《動いている庭》※1を制作したことです。できるだけあわせて、なるべく逆らわない― これはクレマンさんの庭師としての態度ですが、その言葉を体現するかのように、僕は彼に寄り添いながら、語り、歩き、食べ、笑い、それから観察したり庭作業をするクレマンさんを映像で記録しました。


たった一度の旅でも、そこで見た風景の均衡をとらえてしまうこと。
風景に隠されたさまざまな扉から庭にいたること。
その扉は、風景の見方が引き裂かれてしまうことをも恐れない人々のためにだけ開かれている。
調理台の上に散らばるパン屑のように、真実の数々をばらまいておくこと。
けれども、どんな真実もばらばらのままにせず、まるごと理解すること。
ひとつの仮説にしたがって、不意にそれらを組み合わせてみること。
とどまろうとする傾向に逆らうこと。
創出は生じるままにしておくこと。
ある創出に、また別の創出が続いていくから。
進化とともにあれ。

ジル・クレマン『動いている庭』より



 これは、クレマンさんが著作『動いている庭』※2の最後に綴ったテキストです。この言葉の中の「庭」を「映像」に置き換えると、そのまま本プロジェクト「暮らしのモンタージュ」のための箴言のように聞こえてきます。
  僕らは世界各国を旅して、いろんな風景を目の前にします。その場所で暮らす者ではない自分たちにとって、その風景との出会いは一度きりかもしれず、僕らはその一度きりの瞬間を逃すまいと風景にカメラを向けます。
  そして、調理台の上に散らばるパン屑のような映像素材を、仮説にしたがって不意に組み合わせる。「暮らしのモンタージュ」が、いつかクレマンさんの庭のように彩り豊かな場所となることを目指しています。

澤崎 賢一
一般社団法人リビング・モンタージュ 代表理事
アーティスト/映像作家



※1 映画《動いている庭》日本・フランス|HD|85分|2016年
※2 ジル・クレマン『動いている庭』(山内朋樹訳、みすず書房、2015年)

メッセージ

 私たちは日々出会いを繰り返しています。

 アジアやアフリカや日本国内でフィールド研究をしていると、さまざまな人びとや暮らしの風景とそこに滲む想いに出合います。綺麗なことばかりではありません。時には目をそむけたくなるような生々しい現実や悪意、深い悲しみに触れることもあります。私たちはそれらに目を凝らし、語りに耳を傾けます。食べ物を分かち合い、無事に過ごした一日の出来事を反すうします。人びとの喜びや感動に触れ心を躍らせます。畑を耕し樹を植える人は、土の暖かさや雨の激しさを感じます。魚を漁る人は、月の満ち欠けを知り潮を読み、気まぐれな自然とのやり取りを楽しみます。人びとは過去を温め未来を見ようとします。そこには、私たちのありようを映し出す、忘れてはいけない物事の本質があります。

 人びとは誰もが研究者です。人びとは誰もが表現者です。その当たり前のことが、いま忘れ去られようとしています。分業や専門化が進み、自意識の肥大した研究者らや専門家らが難解な用語や言い回しの鎧をまとうなか、人びとの心はそのことから静かに離れつつあります。私たちは、もう一度、人びとが(つまり私たちの誰でもが)研究者であり表現者であることを思い起こしたいと思います。もう一度、人びとの暮らしや心象の風景と出会い、素朴な言葉で語りあうことを意識したいと思います。

 たくさんの出会いのなかで浮かび上がった輪郭が「暮らしのモンタージュ」です。それがどのような形になるのか、どのような中身を湛えていくのかはまだ誰にもわかりません。それは、たぶん、想いを伝えあうことから始まります。

田中 樹
一般社団法人リビング・モンタージュ 理事
総合地球環境学研究所・客員教授/ベトナム・フエ大学名誉教授

企画/運営


「暮らしのモンタージュ」


企画/運営
一般社団法人リビング・モンタージュ
〒606-0862 京都市左京区下鴨本町12 カワミビル203
E-mail: info.livingmontage@gmail.com
代表理事
澤崎 賢一(アーティスト/映像作家)
理事
田中 樹(総合地球環境学研究所・客員教授/ベトナム・フエ大学名誉教授)
プロジェクトに関わる
研究者
石山 俊(国立民族学博物館 プロジェクト研究員)
エマニュエル・マレス(奈良文化財研究所 客員研究員)
清水 貴夫(京都精華大学アジア・アフリカ現代文化研究センター 設立準備室 研究コーディネーター)
真貝 理香(総合地球環境学研究所 外来研究員)
須田 征志(一般財団法人 地球・人間環境フォーラム プロジェクト研究員)
寺田 匡宏(総合地球環境学研究所 客員准教授)
三村 豊(総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 研究推進支援員)
宮嵜 英寿(一般財団法人 地球・人間環境フォーラム 企画調査部フェロー)
プロジェクトに関わる
デザイナー/アーティスト
いそかわ あき(デザイナー)
苅谷 昌江(アーティスト)
スティファニ・ブラザーズ(映像作家/パフォーマー)
ベ・サンスン(アーティスト)
マイケル・ウィッテル(アーティスト)
和出 伸一(アーティスト)
助成
公益財団法人 トヨタ財団