映画『動いている庭』

ケ・ブランリー美術館の庭、アンドレ・シトロエン公園、アンリ・マティス公園などで広く知られるフランスの庭師ジル・クレマン氏の提唱する概念「動いている庭」を題材にしつつ、できるだけ合わせるようにして、なるべく逆らうことをしないで、クレマン氏と彼の庭が語りかけるものを詩的なナレーションと記録映像のモンタージュによって切り取ったドキュメンタリー映像作品。2016年2月に開催された「第8回恵比寿映像祭 -動いている庭-」において、恵比寿ガーデンシネマにてプレミア上映、その後も現在に至るまで国内外の映画館などで劇場公開された。

日本・フランス | 85分 | HD | 2016年 | 日本語字幕

出演:ジル・クレマン、エマニュエル・マレス、山内 朋樹
監督・撮影・編集・製作:澤崎 賢一
企画・製作・日仏字幕:エマニュエル・マレス
カラリスト:苅谷 昌江
撮影協力:矢野原 佑史
音響調整:倉貫 雅矢
アドバイザー:山内 朋樹
フライヤー/カタログ デザイン:和出 伸一
企画協力:総合地球環境学研究所、みすず書房
配給:ボタニカルスタジオ

映画「動いている庭」公式ウェブサイト

#澤崎 賢一 #エマニュエル・マレス