中心となる3つの研究テーマ

清水貴夫は、2003年にNGO活動に従事し、その後研究に転身。
主にブルキナファソの都市の若者、子どもたちに焦点を当てたいくつかのテーマについて研究を進めています。
人びとと語り合い、生活を共にしながら、課題に取り組んでいます。
ここでは、中心となる3つの研究テーマを紹介します。

1. ラスタファリアン

1つ目は、ワガドゥグのラスタファリアンの研究です。ラスタファリアンは、ジャマイカなどの奴隷経験を持つ祖先をもつアフリカ出身者たちによって始まった、反植民地主義的かつアフリカ第一主義的な思想、運動を担う若者たちのことです。レゲエ歌手が典型的なイメージです。多民族、多宗教な多様な背景を持つ若者たちが、「アフリカ的」というアイデンティティを共有することで、結びついている様子から、アフリカ的なラスタファリアンの在り方を描きました。

2. ストリート・チルドレン

2つ目の研究は、ストリート・チルドレンに関するものです。ラスタファリアン、ストリート・チルドレン、共にストリートを中心的な生活の場としていますが、彼らの間にはほとんど交渉はなく、それぞれが1980年代に注目を浴びるようになった都市の子どもたちは、居場所を失った貧困状態にあるとされました。ブルキナファソでも数千人に上ると言われるこうした子どもたちが、どのような背景からストリートで生活するようになったのか、ということを考えています。とても興味深いのが、社会からの逸脱者とみなされがちな子どもたちが、実に素直でしっかりとした会話ができることでした。そして、その背景に目をやっても、もちろん、貧困や家庭不和が原因でストリートにやってきた子どもも少なくないものの、その多くが、伝統的なイスラーム教育に纏わる背景を持った子どもたちでした。本来のストリート・チルドレンとは様相が異なるこうした子どもたちをストリート・チルドレンにするのは(と呼ぶのは)だれか、そして、なぜそう呼ばねばならなかったかを明らかにしようとしています。

3. 子どもたちと宗教(イスラーム)

3つ目の研究は、2つ目の研究から派生した、子どもたちと宗教(イスラーム)に関わるものです。ブルキナファソをはじめとする西アフリカのイスラーム圏には、クルアーンを学ぶ私塾が数多くあります。近年、こうしたインフォーマルな私塾に代わり、この地域にも近代教育が広まってきましたが、イスラーム教育はいくつかの方向に形を変えて維持され、現在も人びとの強い支持を受けています。なぜイスラーム教育が、人びとの支持を集めるのか。そこには、「教育」が目指してきた学力の向上のみが、必ずしも人びとが望むものではなかったことが考えらえます。教育とはなんなのか。子どもが育つ環境はどうあるべきなのか。ブルキナファソの教育と子どもたちの生活から、こうした普遍的な問いを考えています。

関連するウェブサイト/ブログ

SHIMIZU Takao's page

清水貴夫 公式ウェブサイト。経歴や業績、公開済みの論文・報告書などが掲載されています。

赤提灯
~俺とアフリカとドラゴンズ~

清水貴夫が綴る、西アフリカのこと、読んだ本、観た映画のこと、そして彼の息子・貴一朗くんのことが中心に掲載されているブログです。

清水貴夫・亀井伸孝編『子どもたちの生きるアフリカ:伝統と開発がせめぎあう大地で』(昭和堂、2017年)

人口十億人の半数を子どもが占めるアフリカ。彼らはどんな風景を眺め、どんなふうに家族や仲間と過ごし、遊び、学び、働いているのか。フィールドワーカーが現地で出会った子どもたちを主役に描き出す。アフリカの現在を学びたい人に最適の入門書。

京都大学総長・山極寿一氏推薦!

「子どもたちが生きるためには、ささやかな希望と大きな夢、そしてそれを支えてくれる自然と仲間が必要だ。孤独な情報社会に放置されている日本の子どもたちに、アフリカの子どもたちが教えてくれる野生の心と暮らし。それは、たくましいエネルギーと優しい学びに満ち、創造力をかきたてる世界だった。人間の未来を占う一冊。」

ブルキナファソでの活動の様子

映像作家の澤崎賢一が、ウェブマガジン「シネフィル」で、ブルキナファソで清水の調査に同行した際の様子を綴っています。カメラマンの目線で、調査の様子や現地の人々の暮らしが綴られた記事です。